スロット ボロ負け

ボロ負けした時のお助けマン

スロットでボロ負けして給料なくなりました!
まどマギで10万負けました!
コードギアスとハーデスで8万負けました!

 

そんな時、手元に現金がなくて困った経験があると思います。ヤミ金に手を出してはいけません。安全に現金を調達する方法があります。

 

ご存じでしょうか?自分名義のクレジットカードがあれば、ショッピング枠内で即時現金を手元に用意することができるのです。

 

これが 一番安全に現金を調達する方法 です。

 

もちろん合法なので堂々と現金を手にできます。それでは、この方法を解説していきますね。

 

お急ぎの方和光クレジット公式サイト

 

 

一番安全に現金を調達する方法

誰にもバレずに

今すぐ現金を調達して

ピンチを切り抜けたい!

 

 

という方へ、クレジットカード現金化というシステムを簡単に説明したいと思います。

 

クレジットカード現金化とは

ショッピング枠を利用限度として「商品購入から買い取り」を一括して行ってくれるので、即時現金を受け取れるというサービスです。

 

購入した商品の発送は行われないので、自宅に商品が届いて家族にばれるという心配もありません。

 

カード会社への支払いは、分割払いやリボ払いを選択できます。消費者金融や闇金への返済に比べて非常に楽ですし、余裕をもってストレスなく支払いができます。

 

利用の流れ

1 申し込む

公式サイトの「お申込みフォームはこちら」というオレンジ色のボタンから申し込みます。

 

2 決済手続き

ネットショップで買い物して、クレジットカードで決済します。

 

3 振込まれる

買い物終了後、最短5分で指定口座に現金が振り込まれます。

 

公式サイトでは24時間受付中です。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

クレジットカード現金化優良店和光クレジット

 

 

 

 

少し難しいお話をします

少し難しいですが大切なお話です。

 

日本の現状

日本では競馬などの公営競技やパチンコやスロットなどのギャンブルにのめり込んでいる人がたくさんいます。

 

それによって、本人と家族の日常生活や社会生活に支障が生じたり、多重債務や犯罪などの重大な社会問題が生じています。

 

ギャンブル依存症は、早期の支援や適切な治療により回復が十分可能です。

 

治療や支援が受けられていない

しかし医療機関や相談支援体制が整っていないことにより、治療を行っている医療機関や相談支援機関があまり知られていないようです。

 

自助グループの支援に関する情報も得にくいと思います。

 

ギャンブル依存症である方が必要な治療や支援を受けられていないのが現状です。

 

国民全体がギャンブル依存症に関心と理解を深めて、その予防を図ることも大切です。

 

国の取り組み

特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律の附帯決議では、ギャンブル依存症患者への対策を抜本的に強化することと、ギャンブルに起因する依存症を含め、関係省庁が連携して包括的な取組を構築して強化することが決議されました。

 

日本政府は、ギャンブル依存症対策推進関係閣僚会議を立ち上げて、ギャンブル依存症対策の強化に関する論点整理と、ギャンブル依存症対策の強化について取りまとめました。

 

関係行政機関が連携して、スピード感を持って必要な取り組みを講じてきました。

 

ギャンブル依存症対策を総合的に、また計画的に推進して、国民の健全な生活の確保を図ろうとしています。

 

ギャンブル等依存症対策基本法

国民が安心して暮らすことのできる社会の実現に寄与することを目的として、ギャンブル等依存症対策基本法が成立し施行されました。

 

この法律は、ギャンブル依存症対策に関して、国や地方公共団体、関係事業者、国民等の責務を明らかにしています。

 

ギャンブル依存症対策推進基本計画

ギャンブル依存症対策の総合的かつ計画的な推進を図るため、政府に対してギャンブル依存症対策推進基本計画の策定と施策の推進を義務付けています。

 

この計画は、基本法に基づいて日本政府が策定する初めての計画です。

 

これによりギャンブル依存症対策は、新たな法的枠組みの下でより強力に進められることになりました。

 

今後に期待

今後は、この計画に基づいてギャンブル依存症により不幸な状況に陥る人をなくし、健全な社会を構築するため、地方公共団体や関係機関や団体や事業者と密接に連携を図って、必要な取り組みを徹底的に、また包括的に講じていくことになりました。

 

ギャンブル依存症でお困りですか?

ギャンブル依存症とは、ギャンブルにのめり込んでコントロールができなくなる精神疾患の一つです。

 

日常生活や社会生活に支障が生じることもあります。

  • うつ病などの 健康問題
  • 多重債務や貧困などの 経済的問題
  • 家庭内の不和などの 家庭問題
  • 虐待、自殺、犯罪などの 社会的問題

 

ギャンブル依存症は適切な治療と支援を受ければ回復が可能な疾患です。

 

本人が「自分は病気ではない」と思って放置しておくと症状が悪化しますし、借金の問題も深刻になっていきます。

 

ギャンブル依存症の対処に困った場合には、相談窓口を利用しましょう。

 

ギャンブル依存症対策については、依存症である方とご家族への周知啓発や教育に関する取り組み、回復支援や治療に関する取り組み、借金の問題を抱えた方への相談支援の取り組みが進められています。

 

詳しい情報はこちらです。
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/caution/caution_012/

 

家族にとって大切なこと

ギャンブル依存症からの回復には、家族の助けと支えが大切です。

 

依存症の兆候

家族の行事を顧みなくなったり、家庭内の金銭管理に暴言を吐くようになったら、ギャンブルへのめり込み始めている可能性を考慮してください。

 

家族向けの自助グループ

家族だけで問題を抱え込まず、家族向けの自助グループに参加しましょう。

 

ギャンブル依存症が疑われる方に振り回されずに、健康的な思考を保つことが大切です。

 

本人向けの自助グループ

自助グループのメンバーなど、似た経験を持つ人たちと交流し、本人が回復に向けて自助グループに参加するように促しましょう。

 

ギャンブル依存症が病気であることを理解して、本人の健康的な思考を助けることが大切です。

 

借金の肩代わり

借金を肩代わりすると、本人の回復の機会を奪うことになります。家族は借金の問題には関わらないようにしましょう。

 

相談

専門の医療機関、精神保健福祉センター、保健所などに、ギャンブル依存症の治療や支援について相談してみましょう。

 

消費生活センター、日本司法支援センターなどに、借金の問題に家族はどう対応したらいいか相談してみましょう。

 

page top